呼吸が浅くなっていませんか?

ウイルス感染者への誹謗中傷が
ネット上で起こっているようです。

しかし、これはウイルス感染者や
ネット上だけの話ではないように感じます。

私もこの一ヶ月の間に、
人から雑に扱われるような
心ない発言を受けたり、
電磁波測定で伺ったお宅の玄関先で
アルコールスプレーを振りかけられ、
上着を脱がされたりしました。

「私はウイルスじゃない」と
叫びたくなります。

だれが感染しているのかわからない状況で
自分は大丈夫という保証はどこにもないのに、
相手が悪いという反応になってしまうのは、
それだけ窮屈になっているのでしょう。

そんなふうに想像すると、
気持ちがわからないこともないので、
声に出すのを思いとどまってしまうのです
(でも、すごく傷ついて胸が痛くなります)。

人はなんたかの刺激を受けると
「反応」をするものです。

しかし、同じ刺激を受けても、
人によって反応の仕方は違います。

例えば、急に雨が降ってきたとします。
予想外のことに怒る反応をする人。
お気に入りの服が汚れて悲しむ人。
傘を購入したばかりで喜ぶ人。
それぞれの反応が違います。

私たちはどう反応するのかを選ぶことが
できるはずです。

ちなみに刺激に反応をしないように
訓練をするのが座禅や瞑想である
と私は捉えています。

今、ネットを見ていると、
情報という刺激を受けたとき
考えたり配慮したるすことなく
反射的にすぐに反応することが
多くなっているように感じます。

刺激と反応の間に
「ひと呼吸」おくことができれば、
相手だけが悪いという反応以外の
より良い反応の選択ができるように
なるのではないでしょうか。

「ひと呼吸」おけないのは、
情報が刺激となって、
気づかないうちに身体が
窮屈になっているからかもしれません。

このところ、呼吸が浅くなっていると
感じていませんか?

呼吸を深くしたい人は、
このマットの上に寝転がり、
足の指先から息が出入りする
イメージをしながら、
ゆっくりと長く息を吐くという
呼吸法をしてみてください。

繰り返しやっていると、
それだけで身体が「脱力」し、
呼吸が深くなってきます。

いろいろ「おかしいな」と感じることが
多い毎日になってきていますが、
より良い反応の選択ができるように
なりたいと思います。

 

呼吸が浅いのをなんとかしたい!
でも、自分ではどうにもできないという方に!
ボディワークでサポートできます。
たった90分で見違えるような心身になれますよ。

お気軽にお問い合わせください。070-3961-7466受付時間 9:00-18:00 [ 不定休 ]

お問い合わせ プライベートセッションやワークショップなど気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です