【1/29京都開催】身体を感じ自由に躍る会

1時間座り続けると約20分の寿命が縮まるという
オーストラリアの研究チームのレポートがありますが、
そのなかで世界で最も座り続けているのが日本人だそうです。

マクロビオティックの概念に影響を与えたと言われる
江戸時代の学者の貝原益軒が記した「養生訓」には、
すでに座り続けることの健康の害について書かれています。

これは古人が体験的に知っていたことが
やっと科学的に立証されてきたということでしょう。

そもそも人間は動物。
身体を動かせば動かすほど、身体はどんどん動くようになってきますが、
一度、身体を動かさなくなると、身体はすぐに動かなくなってきます。
座っている時間が長いということは、必然と身体の動きが少なくなってしまいます。

日頃の私たちの動きを振り返ってみると、
「立つ」、「座る」、「歩く」くらいしか
動きがないように思います。

趣味でスポーツをしたり、ジョギングをしたりする人は、
これらの動きに「走る」とか、「投げる」などの動きが
追加されると思いますが、数えるほどの動きしかありません。

そう考えると、例えスポーツをしていても、
「私たちは限られた動きしかしていない」
ということになるかもしれません。

スポーツをした後、
汗をかいて気持ち良さを感じることがありますが、
そのとき、頭がスッキリしたり、
身体から余計な緊張が抜けて脱力しリラックスしたり、
視界が明るくクリアになった経験はあるでしょうか?

これはUnfolding Bodyworkの個人セッションを
受けたときに感じることが多い経験なのですが、
身体が感じるままに自由に躍ることでも
同様の経験ができるのです。

日頃の身体の動きではない動きをすることで、
頭がスッキリして、脱力して、
視界が明るくなったりするだけでなく、
自身の考え方の癖に気づいたり、
感情のパターンに気づいたりすることがあります。

つらつらと書きましたが、
あまり難しいことは考えずに、
音楽をかけて身体を自由に動かして
躍るための時間をご用意しました。

自由に躍るというと難しく考えてしまうかもしれませんが、
それは経験したことがないからという簡単な理由からかもしれません。

ここでは上手下手や正解不正解といった比較や評価はありません。
好奇心があれば、ダンスの経験も知識も必要ありません。

ぜひ、スポーツでは体験しにくい、
身体を自由に動かす心地良さを体験しに来てください。
一度体験すると、少し価値観が変わるかもしれません。

この躍る会では、講師はいませんので、
何かを教えたり、伝えたりすることはありません。
音楽をかけて各自が自由に躍ります。
(音楽はこちらで用意します)

●日 時:2020年1月29日(水)12:15〜13:45
(途中入出場可能です。仕事のランチ休憩中の参加歓迎)
●料 金:1,000円(税込)
●持ち物:タオル、飲み物、動きやすい服装か、お着替えをお持ちください
●場 所:スタジオアッシュ Cスタジオ
〒604-8042
京都府京都市中京区新京極通り四条上がる中之町538-1 B1F

 

 

お申し込み&お問い合わせ

お申し込み、お問い合わせは以下のバナーのボタンからお問い合わせページに移動しフォームからご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。070-3961-7466受付時間 9:00-18:00 [ 不定休 ]

お問い合わせ プライベートセッションやワークショップなど気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です